中学受験の塾講師の求人の場合の面接

ほとんどの中学受験の塾講師の求人の場合には、面接を筆記試験と一緒に行うことが多くあるでしょう。この際に、十分注意したいのは、笑顔と挨拶です。
このようなことは当然であると考えるかもしれませんが、この当然のことが十分にできている人は、予想している以上に多くないということがあります。たぶん、緊張しているためなのでしょう。しかしながら、面接の際は、緊張を極端にしているため、どのようなことができるかということを判断されているということを覚えておきましょう。

学生の塾講師の面接を行った人によると、ほとんどの人が、面接の際、挨拶は軽い会釈くらいしかできなかったそうです。一方、きちんと初めに頭を下げて挨拶するのみで、この人とぜひ一緒に仕事をしたいと思うこともあったそうです。

塾講師は、生徒たちに先生として接する責任があります。しかも、同時に、誰よりも子供たちのことを心配している親への対応も必要です。一番面接で重要視しているのは、その人の人柄で優秀さではありません。採用試験対策のみに注目しがちですが、最終的には一番人柄が見られていると認識して、笑顔と挨拶が誰にでもできる、講師像の魅力のあるものをアピールしましょう。