中学受験の塾講師の求人は需要がある

一言で中学受験の塾講師といっても、種類がいろいろあり、指導をマンツーマンで行う塾、受け持つ生徒が数十人の塾、教えるのは1科目のみの塾、1人で何科目かを受け持つ塾などスタイルはいろいろです。
比較的時給は高くなっていますが、教えている時間のみ給料が支払われるというような場合が多くなっています。つまり、授業の資料の作成や事前準備の時間などについては支払われません。

それでも高い人気があり、採用率は学歴の高い学校卒ほど高くなっています。また、子供の数が減少しているにも関わらず、中学受験の人数が増えてきているという事実もあります。そのため、いつでも中学受験の塾講師の求人は需要があり、学歴の高い人のみの採用では塾は運営できないので、高いコミュケーションスキルがあると見なされた場合は一定の学力があると採用率が高くなります。

中学受験の塾講師の場合には、生徒だけでなく、コミュニケーションを保護者と図ることも必要なケースがあります。塾に完全に任せるというような保護者もいるため、このことが少し厳しいところでもあります。また、適当に塾講師が受け応えしたりした場合には、敏感に生徒は反応します。子供ということでも、真摯に対応することが大切です。