増加する中学受験の塾の塾講師の求人数

教育熱が高まってくるにつれて、年々、一人当たりの子どもに対する中学受験の塾の数は増えています。
平成20年の国の統計調査によると、少子化高齢化が進んでいるにも関わらず、塾が43,000事業者全国にあり、塾の開業件数は10年前に比較して1,000事業者も増加しているそうです。このような背景から、中学受験の塾の塾講師の求人数も増加しており、盛り上がりを全体の教育業界において見せています。

中学受験の塾講師の場合は、学校教師と違って専門の資格が要らないので、誰でもなることができます。しかしながら、過去の指導経験や指導意欲などが要求される大切なポイントになります。

では、中学受験の塾講師どのようなやりがいがあるのでしょうか?中学受験の塾講師は、一緒に子どもの成長を経験することが可能であるため、やりがいが非常にある仕事です。勉強の内容を学校の指導では理解できないような子どもを、自分が指導することによって勉強を克服し、勉強の達成感・楽しさを子ども自身に感じてもらって、深く子どもの成長と関わることができます。
子どもの頃に自分が感じた、勉強についての不安感やもどかしさを、子どもと一緒に塾講師として解決することができることは、非常に達成感があるでしょう。