中学受験の塾講師の求人に要求されるもの

授業内容として、中学受験の塾の場合は、中学受験に受かるためのノウハウと必要な知識が求められるので、ある程度自分が受験に受かった実績が要求されます。
中学受験の塾講師の求人の場合には、教科の知識と教えるテクニックが要求されます。まず、教科の知識に関しては、講師のほとんどが科目は単一のものを教えるようになるので、自分が得意な科目を選ぶと割合教えやすいでしょう。

教えるテクニックに関しては、より理解しやすく知識を伝える能力であるため、初めから分かる人よりも、初めは分からなかったが分かるようになるため努力をどのように行ったかということが大切になります。そのため、経験の方が学歴よりも大切になるでしょう。中学受験の塾の場合、義務教育の範囲の授業内容であるため、教えるのは問題ありません。

また、自分自身が偏差値の高い学校に受かった実績は、採用の際の大切な一つの要素になりますが、これ以外にもあります。
生徒の全てが偏差値の高い学校を目標にしているということではなく、志望校を、自宅から近い、特別な特徴や部活動があるというような理由で選ぶ場合も多くあります。このような場合には、知識の高度なものよりも基礎的な知識を固めることが要求されます。生徒のニーズに応じた授業ができることも求められます。