新しく中学受験の塾講師の求人に応募する

生徒としてのイメージが、中学受験には塾というところが強くあります。そのため、確かに、中学受験の塾講師の求人に応募して新しくスタートすることは勇気がいるでしょう。

しかしながら、中学受験の塾では、ノウハウを活用して仕事がのびのびとできるような環境や、フォロー体制の手厚いものを整備しています。勤務スタイルはフレキシブルで自由であるため、大学のサークルのイベントや授業などによって、仕事を柔軟なシフトで行うことができます。

スーツを着用しなくて、勤務は私服で問題ありません。しっかりと、プライベートなスケジュールも満喫することができます。困った場合には、先輩の講師、教室の社員がサポートを万全に行ってくれます。生徒の上限は2人の完全個別指導であるため、授業に集中して取り組むことができます。1教科だけを多くの講師が担当しており、生徒たちに最も得意な科目を教えることができます。

中学受験の塾の仕事の実際の流れについてご紹介しましょう。まず、勤務する日の授業の内容についてチェックします。
確認テストを行って、理解度を宿題の添削によってチェックします。授業は演習がメインで、授業で教えたことを生徒カルテに記入し、先輩講師あるいは教室室長からフィードバックがあります。